2022年06月01日

部屋干しのニオイは雑菌が原因? 梅雨の洗濯を快適にするコツ

梅雨の時期は、部屋干しする回数が増えますよね。なかには、部屋干しのニオイが気になる方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、洗濯物からニオイがする原因と、ニオイを出さないコツをご紹介します。

部屋干しのニオイの原因は?

部屋干しの嫌なニオイ…その正体は、洗濯物に残った汚れや雑菌です。「部屋干し=嫌なニオイ」と考える方も多いと思いますが、部屋干しするから嫌なニオイがするわけではありません。部屋干ししたときに、洗濯物に雑菌や汚れが残っているからニオイがするのです。

たとえば、汗などで湿った洗濯物を溜め込むと、雑菌が増えやすくなり、一度の洗濯ではきれいに洗いきれないケースも。すると、洗濯後の濡れた状態のときに、雑菌がまた増え、ニオイの原因になってしまいます。

また、洗濯した後、干すまでにしばらく放置したり、干すときに洗濯物同士の間隔を開けず、乾きにくい状態で干したりしても雑菌が増えやすくなり、ニオイがする原因となります。

部屋干しのニオイを抑えるコツ

部屋干しのニオイとなる雑菌は、日光や乾燥にも強く、天日干しをしても、なかなかニオイが取れません。部屋干しのニオイを防ぐためには、洗濯前~洗濯物を干すまでの間に、雑菌を繁殖させないことがポイントです。

まずは、汚れたり汗で湿ったりしている衣類を溜め込まないこと。湿度の高い梅雨の時期は、特に小まめに洗濯し、湿ったものと乾いたものを別にしておくなどの工夫が必要です。

洗濯の重量に対して、十分な量の洗剤を使えているかも、洗濯洗剤のパッケージを見て確認してみましょう。また、洗濯する量は、洗濯槽の7~8割が理想です。洗濯物が多い場合には、2回にわけて洗うと、ニオイの原因になる雑菌をしっかり洗い流すことができます。

ガンコな汚れがついた洗濯物は、「抗菌効果のある洗剤」と「酸素系漂白剤」を使って洗うか、つけ置きがおすすめです。また、柔軟剤を使うときは、すすぎを2回にして、汚れと洗剤をしっかり流しましょう。

また、洗濯物を干す際に、間隔を空けることも大切です。空気が通るように干せば、早く乾かせるほか、雑菌の繁殖を防ぐことができます。生地の厚いデニムパンツなどは、ピンチハンガーを使って、筒状に干すのがおすすめです。

まとめ

「部屋干し=嫌なニオイ」と思われがちですが、雑菌さえ増えないように気をつければ、梅雨の時期も安心して部屋干しすることができます。また、ニオイがするなどデメリットが注目されがちな部屋干しですが、紫外線を避けることで、生地が傷みにくいといったメリットもあります。しっかりニオイ対策をして、気持ちのいいお洗濯を目指しましょう。
お酒は20歳を過ぎてから。お酒は楽しく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。飲酒運転は法律で禁止されています。